大阪に日本酒を!!
    大阪 熊取町の小さいお店から素朴な料理と日本酒を
    http://aramatsu.blog21.fc2.com/

     

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
    ついに入荷しました!

    宮寒梅の2009年度の鑑評会出品酒!!
    IMG_9088_convert_20100730171318.jpg
    先日いただきましたが
    これがまた驚く程、美味しいんです!!
    IMG_9089_convert_20100730171349.jpg
    説明下手なので実際に皆さんで呑んでみてください!
    本当に美味しいです!!

    今年の出品酒はすでに在庫切れになってしまいましたので
    今度はこちらを是非呑んで幸せな気分になってください♪

    もちろん「あらまつ」で、呑んでいただけます!

    現在、「あらまつ」での「宮寒梅」の入荷状況は
    この大吟醸と定番の美山錦45%純米吟醸のふたつになってます。

     
    スポンサーサイト
    2ヶ月に1度の「日本酒の会」
    chara_rgb.jpg
    今回のテーマは「火入加水を。」

    ん?
    と、思われる方も多いかと思われます。
    「火入加水」??

    少しだけ説明します。
    「火入」とは
    火入れされる前の酒は、まだ中に酵母が生きて活動しています。
    また、麹により生成された酵素もその活性を保っているため酒質が変化しやすく、
    乳酸菌の一種である火落菌が混入している恐れもあります。
    これを放置すると酒が白く濁ってしまいます。

    「火入」することにより
    酵母・酵素・火落菌を殺菌あるいは失活させて酒質を安定させます。

    でも、あまり加熱が過ぎれば、アルコール分や揮発性の香気成分が
    蒸発して飛んでしまい酒質を損ないます。
    そのため、「火入」は加減が難しいです。

    「加水」とは
    醪(もろみ)ができた直後には、ほとんどの酒が並行複発酵により
    20度近いアルコール度数となっています。
    それを「加水」して目的とするアルコール度数まで調整することをいいます。

    それと相反するのが「生原酒」です。

    「生原酒」を、好まれる方も多いのですが
    今回は あえてこの「火入加水」のテーマでやってみたいと思います。

    「火入加水」した日本酒を全国から厳選します!

    もちろん、それに合わせた素朴なお料理も一生懸命考えさせていただきます。

    日程:8月21日(土)
    時間:19:00
    会費:6,000円
    場所:素朴料理 日本酒 あらまつ

    テーマはちょっと堅苦しく思われがちですが
    やっぱり「あらまつ」での「日本酒の会」の基本は
    ゆる~く堅苦しくなく
    まったりと楽しんでいただけるような「会」にしたいと思ってます。

    皆様のご参加、心よりお待ちしております。

     

    shige

    Author:shige
    「素朴料理 日本酒 あらまつ」の店主
     大阪の熊取町で完全禁煙
     完全予約制という形で
     細々と営業しています。

     こちらのメールフォームからも
     お問い合わせ、御予約承ります。

    *上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

    06 | 2010/07 | 08
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    このブログをリンクに追加する

     
    *Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 大阪に日本酒を!!, all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。